社員インタビュー

システム開発部 2015年入社 N・M

recruit_interview_03

2015年9月にアスペアへ転職して、現在まで町田オフィスでECサイトの開発を担当しています。
アスペアに来る前は、14年ほど同じ会社に在籍して、様々な客先でBtoB系のシステム開発に携わってきました。仕事面で特に不満はなかったのですが、結婚・出産後は育児との両立が難しく、転職を考えるようになったんです。客先での仕事ということもあり、保育園へお迎えに行けるのは毎日20時くらい。いつも私が最後のお迎えでしたね。

アスペアはフレックスタイム制ですが、私はだいたい8:30~17:00に働いて、18時には子供の元にいます。エンジニアの仕事は都心で働くケースが大半だと思いますが、自宅から近い町田で働けることも、アスペアを選んだ決め手のひとつでした。自社オフィスなので融通も利きますし、上司にも働くママさんがいて、子育ての都合もいろいろ汲んでいただいています。

仕事面でも、これまでやってきたBtoB系とは違う、BtoC系ならではのおもしろさを感じています。一般ユーザーからの評価も見られますし、自分がユーザーにもなれる。そういった立場でのもの作りは、やりがいもひとしおですね。子供が生まれてもこれまで通りエンジニアとして仕事ができる、そのうれしさを噛みしめています。

システム開発部 2014年入社 M・H

recruit_interview_01

いまはメーカーのお客様のもとへ常駐し、ビジネスを円滑に進めるための支援ツールを開発しています。それまではまったく違う現場で、最先端のBtoCウェブサービスの開発に携わっていました。アスペアのエンジニアとして様々な現場を経験でき、仕事はおもしろいです。技術者としての経験値も少しづつ貯まっていくように思えて、やりがいを感じています。

アスペアでは様々なお客様のもとへ常駐する社員が多いですが、月に一度全社員が町田のオフィスに集まる定例会があります。各プロジェクトの状況報告をはじめ、業務で得た知識や、持ち回りで調べた知識を共有する「ITスピーチ」の時間も設けられています。技術に対してアツい情熱をもった先輩ばかりなので、とても刺激になる時間です。
入社して2ヶ月間の社内研修とその後の町田オフィスでのOJTでも、先輩方に丁寧にサポートしてもらえ、不安なくその後の客先常駐に就くことができました。

アスペアは、社員一人ひとりの技術への熱意に応えてくれる会社だと思います。エンジニアとして、自分ももっと成長していきたいですね。

システム開発部 2002年入社 J・A

recruit_interview_02

エンジニアとしてアスペアから客先に常駐し、これまでいろいろな開発案件を担当してきました。昨年8月に産休をとり、復職してからは町田のオフィスで動いているプロジェクトに合流しています。

アスペアではこれまでも産休・育休を取得する社員は多かったので、自分が産休をとることへの不安は特にありませんでした。復職後はパート勤務にする選択肢もあったのですが、子育てをしながら働ける仕組みが充実しているため、フルタイムで問題なく働けています。
例えば家でできそうな仕事は、相談すれば持ち帰ることが可能です。また、コアタイム中でも保育園から呼び出しなどがあれば外出することもできます。会社によってはこうした制度が充実していても実際に運用されないという話を聞きますが、アスペアは違いますね。むしろ働いているなかで何か不便なことがあると、それを改善するために新しい制度が整備されていくイメージです。
産休・育休まわりに限らなくても、社内にはプライベートも大切にしようという雰囲気があります。有給消化率も98%と非常に高く、働きやすいと思います。

入社して13年になり、システムの実装以外にも、より良いWEBサービスにするために仕様を詰めて提案するような仕事が増え、やりがいを感じています。子供の成長を見守りながら、今後もエンジニアとして魅力的なWEBサービスを開発していければうれしいです。